設定ガイド

 

IPカメラ

デバイスの追加

Sercomm / iCamera2をWPS接続で追加する(ホームゲートウェイFlex/FCL5320Aの場合)

※本設置はせず、ホームゲートウェイの1.5m以内で作業をしてください。
※デバイスの追加完了まで、数分かかります。

1. IPカメラを準備する
写真を参考に、IPカメラ本体、付属のLANケーブル(または推奨ケーブル)、電源交換ケーブル、ACアダプタの順番で接続し、電源をコンセントに差してください。
電源/Wi-Fiランプが点滅から点灯の状態に変わるまで、しばらくお待ちください(約5分間)。

IPカメラ正面から見た3つのLEDランプの状態

2. WPS接続モードにする
ホームゲートウェイを接続しているWi-FiルーターのWPSボタンを押し、その後、IPカメラ背面のWPS/リセットボタンをカチッとなるまで深く押してください。WPS/リセットランプが点滅を開始します。

※Wi-Fiルーター側のWPS設定については、お手持ちの機器マニュアルをご参照ください。

IPカメラ正面から見た3つのLEDランプの状態

3. Wi-Fiルーターに接続
WPS/リセットランプが消灯し、ネットワークランプが点灯したら接続は完了です。

IPカメラ正面から見た3つのLEDランプの状態

4. IPカメラを追加する
点灯を確認したら、アプリを立ち上げ、【設定】【機器の管理】【デバイスの追加】【カメラ】【続行】をタップし、デバイスの追加を実行してください。
5. IPカメラと接続
IPカメラと接続中画面になります。完了まで数分かかります。

※デバイスの追加がうまくいかない場合は、一度【機器の管理】画面に戻り、デバイスが追加されていないかご確認ください。
※何度試みても上手くいかない場合は、「IPカメラをリセット」「ホームゲートウェイをリブート」を実施してください。
また、ホームゲートウェイを接続しているWi-Fiルーターをリブートしてください。Wi-Fiルーターのリブート方法については、お手持ちの機器マニュアルをご参照ください。

6. IPカメラと接続
IPカメラを設定中画面になります。完了まで数分かかります。
7. IPカメラの名前/検知感度の設定
デバイスの追加完了後、IPカメラの名前とモーション検知の感度を設定します。【編集】をタップし、名前を変更、スライダーを好みの感度に調整してください。(推奨:低)スライダーは右方向に設定すると感度が高くなります。【保存】をタップして完了です。

※設置場所とデバイス名を組み合わせて名前を付けると、センサー通知やルール設定の際に便利です。名前はオンラインモード時はいつでも編集することができます。
ex.玄関カメラ、リビングカメラ
※モーション検知機能は、画像変位量を計算して検知しています。そのため、感度を「高」で設定した場合、多くの動作を検知する可能性がございます。そのため、感度は「低」を推奨しています。

Sercomm / iCamera2を有線接続で追加する(ホームゲートウェイFlex/FCL5320Aの場合)

1. カメラを準備する
写真を参考に、IPカメラ本体、付属のLANケーブル(または推奨ケーブル)、ペアリング用ケーブルの順番で接続します。
2. Wi-Fiルーターに有線接続する
ペアリング用ケーブルのLANコネクタ側は、ホームゲートウェイを接続しているWi-Fiルーターに接続、片側はACアダプタに接続し、電源をコンセントに差してください。
電源/Wi-Fiランプとネットワークランプ両方が点滅から点灯に変わる状態になるまで、しばらくお待ちください。

IPカメラ正面から見た3つのLEDランプの状態

3. IPカメラを追加する
点灯を確認したら、アプリを立ち上げ、【設定】【機器の管理】【デバイスの追加】【カメラ】【続行】をタップし、デバイスの追加を実行してください。
4. IPカメラと接続
IPカメラと接続中画面になります。完了まで数分かかります。

※デバイスの追加がうまくいかない場合は、一度【機器の管理】画面に戻り、デバイスが追加されていないかご確認ください。
※何度試みても上手くいかない場合は、「IPカメラをリセット」「ホームゲートウェイをリブート」を実施してください。
また、ホームゲートウェイを接続しているWi-Fiルーターをリブートしてください。Wi-Fiルーターのリブート方法については、お手持ちの機器マニュアルをご参照ください。

5. IPカメラを設定
IPカメラを設定中画面になります。完了まで数分かかります。
6. IPカメラの名前/検知感度の設定
デバイスの追加完了後、IPカメラの名前とモーション検知の感度を設定します。【編集】をタップし、名前を変更、スライダーを好みの感度に調整してください。(推奨:低)スライダーは右方向に設定すると感度が高くなります。【保存】をタップして完了です。

※設置場所とデバイス名を組み合わせて名前を付けると、センサー通知やルール設定の際に便利です。名前はオンラインモード時はいつでも編集することができます。
ex.玄関カメラ、リビングカメラ
※モーション検知機能は、画像変位量を計算して検知しています。そのため、感度を「高」で設定した場合、多くの動作を検知する可能性がございます。そのため、感度は「低」を推奨しています。

PageTop