設定ガイド

 

ドア・窓センサー

デバイスの追加

Visonic / MCT-350 SMAを追加する

※本設置はせず、ホームゲートウェイの1.5m以内で作業をしてください。

1.デバイスの追加画面を開く
アプリを立ち上げ、【設定】【機器の管理】【デバイスの追加】【ドア・窓センサー】を続けてタップします。
2.ドア・窓センサーを追加
ドア・窓センサーに差し込まれている絶縁テープを引き出し、【続行】をタップします。その際、LEDランプが5秒毎に3回点滅することを確認してください。
デバイスが読み込まれ、緑色の【✔】が表示されたら完了です。センサーとマグネットを近づけたり離したりして、開閉が反応するか確認し、【続行】をタップしてください。

※デバイスの追加がうまくいかない場合は、一度【機器の管理】画面に戻り、デバイスが追加されていないかご確認ください。
※2分以上経ってもデバイスのスキャンが終わらない場合や、LEDランプが点滅しない場合は「MCT-350 SMAをペアリング準備モードにする」を実施してください。
3.ドア・窓センサーの名前設定
デバイスの追加完了後、ドア・窓センサーの名前を設定します。【編集】をタップし、名前を変更したのち、【保存】をタップしてください。

※設置場所とデバイス名を組み合わせて名前を付けると、センサー通知やルール設定の際に便利です。名前はオンラインモード時はいつでも編集することができます。

ex.玄関ドアセンサー、リビング窓センサー

Visonic / MCT-350 SMAをペアリング準備モードにする

センサーの蓋を開き、電池を抜きます。その後スイッチを押しながら電池を差し戻し、4秒以内にスイッチから指を離してください。LEDランプが5秒間隔で3回点滅すれば成功です。

PageTop